隠しきれない溢れんばかりの色気をビンビンに感じる

浜松市の近くに住んでいる僕の人妻セフレは、
20代後半の綺麗系。
綺麗系な顔立ちのセフレですが、笑顔がとっても可愛らしく人柄の良さが感じ取れます。
大人のおもちゃを買った後、

浜松市のよく行くラブホに行った時、

性感帯である乳首やクリを攻められたらすぐにアソコはヌレヌレのトロトロになっちゃうそうです。
思わずギューと抱きしめたり、ナデナデしたくなる衝動に駆られます♪♪
こちらはおっぱい触ったり、お尻を触ったりしました。
いっぱい濡れてくれていたので思わず自分のテクが上手くなったと勘違いしそうです。
僕の攻めに先程より上回る濡れ方に凄い感動!!
乳首を味わっているとセフレの腰が前後に動きだしました。

アワビ陸上養殖にICT KDDIと浜松市が協定

 通信大手のKDDIと浜松市は18日、中山間地域の活性化を目的とした連携協定を締結した。同社は第1弾として、天竜区佐久間町のアワビ陸上養殖に情報通信技術(ICT)を活用する実証事業を4月から始め、作業の効率化を支援する。

 アワビの陸上養殖は、中山間地域の産業創出を目的に、市が地元のNPO法人「がんばらまいか佐久間」に業務委託して2015年から実施している。

 現在、養殖しているアワビは約2千匹。これまで水質管理などは全てNPOのスタッフが目視、手作業で行っていた。今後、生産量を拡大し、出荷を目指す上で、作業の効率化が課題になっていた。

 実証事業では、水槽などに水質センサーや遠隔監視カメラを設置し、水温、塩分濃度、水の汚れ具合などのデータを1時間に1回クラウドに送信する。NPOのスタッフはスマートフォンなどでその情報を確認できる。水質異常時にはメールで警報を受診する。

 市役所で行われた協定締結式で、鈴木康友市長は「中山間地域にはさまざまな課題がある。今後もKDDIのシステムを活用させてほしい」と語った。同社の森敬一常務は「地域の皆さまが地域にいながら生活を営んでいけるよう応援していきたい」と述べた。