変態人妻

浜松市在住の僕の人妻セフレは、
30代前半のカワイイ系。
小柄で清楚な美人系年齢は二十歳位思ってたよりも、華奢で、出会い系サイトのHP写真より全然良かったです。
ローソンに行った後、

浜松市のラブホテルに入った時、

ハリのある美尻の抱きごこちは最高♪
ルックスも幼顔で、素晴らし過ぎる身体とのギャップがありすぎます。
特にウエストからヒップにかけてのラインは芸術的で、色白で肌も綺麗です。
最期は正常位に移行、セフレが感じている表情を見つつ、たくさん舌を絡ませながら発射です。
相手が上に乗り腰を振り始めます。。
キス、可愛い乳首、秘境を手と口で愛撫。

ドローンで松枯れ調査 静岡県森林・林業研究センターが手法確立

 静岡県森林・林業研究センター(浜松市浜北区)の星川健史主任研究員(37)が今春、民生品ドローンを使った松枯れの被害調査に成功した。森林学会大会で発表した。人員配置による現地調査に比べ時間的には9割以上、金銭的にも8割以上のコスト削減が見込めるという。ドローンによる森林調査は各地で研究が進むが、松枯れの調査手法確立は全国初。星川研究員は「実用化レベルに達した。自治体などへの採用を促したい」と話す。

 調査は2016年10月から19年3月末まで、同市南区と袋井市の海岸林で行った。松枯れの判別はまず、ドローンで撮影した写真を合成して松林の立体画像を作成。画像を基にカメラが取り込んだ光の波長から、木々の光合成の具合などを調べる計算がソフトウエア上で行われ、松の健全度が色分けして平面地図上に表示される仕組み。精度は83%。

 植生調査用の特殊なカメラも必要なく、民生品の20万円程度のドローンで行える。人を配置して行う県のこれまでの地上調査は、50ヘクタール当たり平均17日間を要したが、星川研究員の手法なら1日で済む。費用も従来1ヘクタール当たり約1万4千円だったのを2千円まで削減できるという。

 今後の課題について星川研究員は判別精度の向上を挙げ、「健全度の判定はほぼ正確なので、カメラの性能が上がれば木の個体識別がより正確になり、精度も高まる」と語る。

 ドローンを使った森林調査の研究は各国で進んでいて、カメラの性能や木の個体識別精度についても改善される可能性が高い。星川研究員は「被害調査だけでなくスギやヒノキの成長具合を測る生産業務の技術にも応用したい」と意気込む。

 <メモ>海岸の松林は飛砂や潮風から住宅、農地を守る役割がある。県森林・林業研究センターによると松枯れは、北米から侵入した松くい虫(マツノザイセンチュウ)が、カミキリムシに寄生したことで明治期以降、国内に広がった。県森林整備課によると、県内の被害量は1981年の約13万立方メートルをピークに減少し、近年は8000立方メートル前後で横ばい傾向だが、終息はしていないため、継続的な対策が必要という。