初体験は17歳と人並み

浜松市に住んでいる人妻セフレは、
30代前半のカワイイ系。
男の好奇心、エロ心ををくすぐる激カワフェイス!そして女性らしいDカップの色白美乳…
海に行って散歩をした後、

浜松市のいつも行くラブホテルに行った時、

程よくい肉付きのウエストからヒップへの柔らかなボディライン
大人になったばかりのエロい身体は、ちょっと責められればすぐに濡れてしまう敏感体質♪可愛い声が漏れ始めます♪
美形&清潔感あふれる美しい身体はうねらせながら悶絶するほど敏感でした。
胸を押し付けながらの濃厚なキスから始まり、何種類やったかわからないくらいのパイズリ。
キスが得意なようでこちらの舌の動きに合わせてセフレも舌を絡ませてきます。
とうとう我慢が出来なくなり、少々攻守交代させて貰う。

留学コーディネーター設置 静岡県など、学生支援や海外発信

 静岡県や県内の大学などでつくる「ふじのくに地域・大学コンソーシアム」は21日までに、コンソーシアム内に留学コーディネーターを置いた。グローバル人材の育成や県内の高等教育機関のグローバル化に向け、日本人学生が海外留学する際の支援や、海外での本県大学のPRなど幅広い活動に当たる。

 コーディネーターには、スズキや外資系企業で長年、海外展開の仕事に従事した渡辺紀子さん(49)=浜松市=を採用。5月から静岡市葵区のもくせい会館内にあるコンソーシアム事務局に常駐し、活動している。

 県によると、コンソーシアムメンバーなどでつくる「グローバル人材育成研究会」で昨年、留学生の受け入れ体制の強化を求める声が上がり、コーディネーターの設置を決めた。来日間もない留学生の生活支援や海外の教育機関での情報収集も行う。海外でのPRでは本年度、ベトナムとインドネシアで開催される日本への留学フェアに渡辺さんが出向き、本県の大学を売り込む。

 渡辺さんは21日、県庁で行われたふじのくに留学生親善大使と県との意見交換会に参加し、留学生に学業や生活で困り事はないか声を掛けた。

 県大学課の担当者は「県内大学や海外の教育機関にネットワークを構築し、グローバル人材の育成に貢献してほしい」と期待を寄せる。渡辺さんは「培った経験を生かし、次代を担う国内外の若者が人生の可能性を広げるお手伝いをしたい」と意気込む。