人妻セフレは、好奇心が旺盛で性欲が強い

白い肌に「美乳抜群」のオッパイちゃんです。
近くの本屋に寄った後、

浜松市のラブホテルに入った時、

バイブを入れられながらクリを責められる!!
そのまま胸に手を伸ばしていくと、さらにキスが積極的に・・・。
背中から腰にかけて絶妙の曲線を描く艶かしいくびれがたまりません!
対面騎乗位、騎乗位、正常位と体位を変えて、最後は正常位で発射。
セフレが上になり騎乗位の開始!!ロケットおっぱいがとてもビジュアル的に良い。
舌で敏感な所をつつくとすでにヌルッとする感触!!

障害者、受け入れに力 浜松・舘山寺、まちづくりの会

 浜松市西区の舘山寺町まちづくりの会が、高齢者や障害のある観光客の受け入れに力を入れている。17日の東名高速道舘山寺スマートインターチェンジの開通によって介助が必要な人も車で訪れやすくなり、観光客の増加が期待される。関係者は「受け入れ態勢を整えて誰もが楽しめる観光地にしたい」と意欲を示す。

 同会は3月上旬、宿泊施設や飲食店の従業員らを対象にした研修会を同区のかんざんじ温泉観光協会で開いた。同町在住で作業療法士の資格を持つ阿部邦彦さん(43)らが講師を務め、高齢者や障害者が求めるバリアフリーや車椅子利用者の介助方法などを、事例を示しながら解説した。

 阿部さんが特に重要と強調したのが「心のバリアフリー」。費用面の負担が大きいハード整備に頼るのではなく、客とのコミュニケーションによってその人に合わせたサービスを提供するように呼び掛けた。阿部さんは「障害者は段差があっても事前に知っていれば安心できる。情報を公開するのが大切」と説明した。まちづくりの会が同町内の旅館や飲食店など13施設に行ったアンケートでは、障害者や高齢者の店舗利用について「できる範囲で配慮するので利用いただきたい」が約8割を占め、受け入れに前向きな結果となった。施設からは「専門知識の指導を受けたい」「食器など用意しておくといい物を知りたい」などの意見も寄せられた。

 阿部さんは「求められるサービスは人によって異なる。できることから取り組みを進めてほしい」と訴える。同観光協会の佐藤英年専務理事は「舘山寺は平たんな土地が多く、受け入れやすいはず。専門家の意見を聞き、地域一体となって推進したい」と話す。