リクルートスーツが似合うパイパンOL

浜松市で待ち合わせをする僕の人妻セフレは、
40代前半のカワイイ系。
見た目は可愛いルックスですが綺麗な瞳とスレンダーでセクシーなBODY
アダルトSHOPでセクシー下着を買った後、

浜松市のホテルに行った時、

恥ずかしがることもなく興味津津といった感じで舐めてくれます。
ほのかに香る若妻の甘い香り。張りのある美しいボディーライン。
おっぱいにかぶりつこうと思ったら69へ。
キス、可愛い乳首、秘境を手と口で愛撫。
最後は騎上位でフィニッシュ。
ホント汗だくになりながら腰を振って発射!!

安間川遊水地、治水効果を発揮 浜松の5月豪雨で被害防止

 静岡県が昨年度、浜松市内を流れる安間川沿いの同市東区市野町に整備した遊水地が、5月21日の豪雨で大きな治水効果を発揮したことが21日、県への取材で分かった。総雨量は氾濫危険水位を超えた2012年8月の豪雨を上回ったが、遊水地の効果で水位の上昇と浸水被害を防ぐことができた。

 県河川海岸整備課によると、5月豪雨の総雨量は12年8月の豪雨の1・5倍に達したが、下流の観測所の最大水位は約40センチ低かった。遊水地周辺の道路の冠水も防ぐことができ、市が避難勧告を出すには至らなかった。

 遊水地は広さ6・6ヘクタールで、最大で約11万立方メートルの雨水の貯留が可能。5月の豪雨では1時間半以上にわたり約1・5万立方メートルの水が流れ込み、深さは70センチ前後になった。

 同課の担当者は今回の事例を受け「効果が分かりにくい事業だが、積極的にPRして今後の施策に生かしたい」と話した。県管理の遊水地はほかに、静岡市を流れる巴川沿いの麻機遊水地(葵区)や大内遊水地(清水区)など数カ所ある。