モデル顔負けのスレンダーBody美女の人妻

浜松市の近くに住んでいる人妻セフレは、
30代前半の綺麗系。
お淑やかで綺麗なルックスからは信じられないほどドエロなんです。
海に行って散歩をした後、

浜松市のよく行くラブホテルに行った時、

愛嬌溢れる豊かな表情と優しい大人の女性らしい雰囲気、そして濃厚で丁寧な愛情たっぷりのフェラは忘れられません。
得意プレイは『正常位』だそうです。
整った美しいお顔立ちの中でも一際印象的な瞳。
舌をべろっとだされてのキスです。
足はガクガク、頭は真っ白です。
最初はゆっくりと腰を動かします。

プログラミング、予習は積み木で 浜松・浜北の幼稚園で実証実験

 2020年度から小学校で必修化されるプログラミング教育。入学前にすべき“予習”は、積み木-。教育学やメディア論などを研究する浜松学院大短期大学部(浜松市中区)の今井昌彦教授(61)が、近年知育玩具としても注目される積み木を使い、プログラミングに必要な思考力を育む実証実験に乗り出した。静岡大の杉山明博名誉教授(76)=造形学=の作品を活用し、19年度から同市浜北区の北浜幼稚園で効果や課題の検証を始めた。

 6月中旬の参観会。橘田開凜(かいり)君(5)は体育館に置かれた杉山名誉教授の積み木で父親の真之助さん(34)と“2階建ての家”を組んだ。「階段やトンネル、いすも作った」と笑顔。真之助さんも「息子が自ら考えて遊ぶのがいい。思考力が養われそう」と好印象だ。この日は別の教室に、木枠を三角形や長方形などの積み木で埋める杉山名誉教授の作品なども並んだ。

 今井教授は「プログラミングには順番、場合分け、繰り返しの3要素が重要」と指摘。積み木で遊ぶときに完成形を思い描き、手を使って工夫することがプログラムの最適な仕様書作成や実装を行う下地になるという。杉山名誉教授も「造形の学生も手作業に習熟した上でパソコンを駆使した方がいいデザインができる。幼児教育でも同じ効果が見込めるのでは」と理解を示す。市川晶代園長は「先進的な取り組みは、子どもの将来を親がより真剣に考えるきっかけになる」と期待する。

 今井教授は、積み木に慣れた園児に米マサチューセッツ工科大の研究室が公開している教育ソフトによる検定試験に挑戦させるなどの検証方法を想定している。「未就学段階でプログラミングに親しむ方法を示したい」と意気込む。

 ■将棋・藤井七段で注目、与え方に関心

 積み木は2017年、将棋の高校生プロ、藤井聡太七段が活躍し、藤井七段の幼いころに親しんだ知育玩具「キュボロ」が紹介されたのを機に幼児の保護者らから注目が集まった。同玩具は現在も品薄の状態が続く。

 知育玩具への関心も依然高い。一般社団法人「日本知育玩具協会」(東京都)が開く知育玩具の講座の受講者は16年の約500人から17年は約960人、18年には約2000人まで増加。藤田篤代表理事は「最近は知育玩具の効果だけでなく、子どもにどう与えるべきかについて関心が集まるようになった」と指摘する。