ゴム無しセフレ

浜松市に住んでいる僕の人妻セフレは、
40代前半の綺麗系。
落ち着きのある大人の顔とはしゃぐ子供の顔の気持のよいギャップ感!
公園に行って散歩をした後、

浜松市のいつも行くラブホテルに行った時、

お口でフェラをやってもらい我慢できなくなったのでベッドへ移動。
性的本能を刺激して止まない悩ましげなセクシースレンダーボディー。
喘ぎ声を我慢して悶える感じが可愛いです。
胸をソフトに揉むと「強くしてー!!」って言われたので強めに揉みしだき乳首を舐めます。
最期は正常位に移行、セフレが感じている表情を見つつ、たくさん舌を絡ませながら発射です。
フェラしながらもあえぎ声が!69になりお互い舐め合う。

静岡空港新駅「計画ない」 JR東海社長、県の調査費には触れず

 JR東海の金子慎社長は6日、名古屋市での定例記者会見で、県が2019年度も調査費を当初予算案に計上した東海道新幹線の静岡空港新駅構想について「計画はない」と改めて否定した。県が調査費を計上していること自体には「コメントする立場にない」と述べるにとどめた。

 リニア中央新幹線のルートなどを議論した11年の国土交通省・中央新幹線小委員会答申で、中央新幹線整備の意義の一つとして「(東海道新幹線のダイヤに余裕ができ)新駅設置などの可能性も生じる」などとされていることについて、金子社長は「一般論であり、どこかの駅を想定しているわけではない」と考えを示した。

 金子社長は「大災害時に東海道新幹線が無事かどうか判断が難しい」として、危機管理の面からバイパスとしての中央新幹線の必要性を主張した。一方で「(南海トラフ地震の発生が想定され、静岡空港が広域防災拠点に指定されているとしても)普段から利用者がいなければ、防災上、念のため駅を作るということは考えにくい」などと難色を示した。

 県は14~18年度、5年連続で調査費を計上した。18年度は新駅と引き込み線設置の影響について調査。構想の具体化やJR東海との協議を目指している。